探偵業法とは

探偵業法とは

平成19年6月1日から探偵業法が施行されました

平成19年6月1日から探偵業法が施行されました探偵業法に関しまして、探偵業において必要な規制を定め、業務の運営の適正化や個人の権利利益の保護を目的としたものです。

弊社はこの探偵業法を遵守しております。

契約時における探偵業者の義務に関して

ご依頼された全ての方が安心して探偵社をご利用出来るように、探偵業法に基づいてご契約を出来るよう、書面等が義務付けられるように定められました。

書面の交付を受ける義務

探偵社は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするとき、依頼者から調査結果を犯罪行為や違法な差別的取り扱い、違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければなりません。

重要事項の説明義務

探偵社は契約を締結しようとするとき、あらかじめ依頼者に対して、契約の重要事項について書面を交付し、説明しなければなりません。

探偵社は、契約を締結したとき、依頼者に対し契約の内容を明らかにする書面を交付しなければなりません。

探偵業社は、弁護士弁護士法72条(非弁護士の法律事務の取り扱い等の禁止)に係る法律事務は一切行うことができません。

厳守事項

○当社は対象詐欺会社との直接的な交渉等、法律上弁護士しか行う事ができない法律業務や事務は一切行っておらず、法律に遵守して業務を行っております。

○当社は勧誘行為を一切行っておりません。

ご相談フォーム