探偵社や興信所の選び方

失敗しない探偵業者の選び方についてご説明します

探偵業法が平成19年に施行され、減少傾向にありますが、未だ、悪徳探偵事務所や興信所による被害が後を絶たないのです。
成功の一番大きな要因は業者選びと言ってもいいでしょう。逆に探偵業者選びさえ間違いなければ、結果は勿論ついてきます。
ここでは、失敗のない探偵業者選びの要点を解説してますので、是非ご参考にしていただければと思います。

探偵社を選ぶポイント

事務所が実在すること

探偵業法が施行され、定期的な立ち入り検査が行われるようになり、所在地不明と言った探偵や興信所は減りましたが、自宅兼業の号室まで明記されて無い探偵業者やレンタルオフィスで営業をする探偵業者はまだまだ多い実態です。
全てでは無いですがこうした探偵事務所は副業あるいは経験が乏しいケースが多いので事務所をがきちんと存在している業者を選ぶのが無難です。

希望する調査日時に実施してくれる事

調査項目にもよりますが浮気・素行調査等の場合、希望する日時、開始場所を指定出来る業者を選びましょう。
なかには、約束した日に調査をしていない曖昧な業者もあるので調査中もリアルタイムに状況の報告を貰える業者がいいでしょう。

こんなトラブルがあります

契約前のトラブル

依頼契約書の他、重要事項説明の書面、契約書の書面などが透明、かつ明瞭であることを確認して、必ず依頼事項の説明を受けるようにしてないとあとでトラブルになるケースがございます。

契約後のトラブル

契約後、まだ調査中と繰り返すばかりで、調査が実施されないケースもあります。
契約後、担当者と連絡つかない。

調査中のトラブル

調査員による経験が乏しい為、対象者にバレてしまった。
調査報告書のレベルが低く、証拠として不十分であるため使うことが出来なかった。

最後の決め手はここです

上記のポイントは勿論ですが、非常に曖昧な表現ですが、電話相談や応対した際の受け答えの印象が最終的には決め手になります。

電話帳やホームページでは見せかけだけを良くすることも出来るので実際の電話対応や相談に対する受け答えなどは見せかけとは違い良くすることは出来ないのでしっかりと見極めることも大切です。

ご相談フォーム