デート商法詐欺

詐欺被害

デート商法詐欺について

デート商法詐欺

・デートで宝石店で高額なローンを組まされて連絡が取れなくなった。

・出会い系で出会った女性に展示会に誘われて一緒に契約させられた。

・20歳になって知らない異性の人から電話がかかってきた。

以前からこのような相談が多く寄せられています。

相手を夢中にさせて、金品を買わせることや契約させることは間違いなく悪意があります。

近年、詐欺の手口は時代と共に巧妙化して、種類も増え続け、被害を後を絶ちません。

泣き寝入りをする前に相談することで解決策の糸口を見つけることができます。

あれ?おかしいな?と思ったらすぐにご相談ください。

デート商法の特徴

恋愛感情を利用して高額商品を買わせる

出会い系サイト等の出会いから言葉巧みに近づいて来ます。デートに誘われ夢中にさせることがほとんどです。その際に宝石店に連れていかれて高額な商品を購入させる手法です。クーリングオフの期間までは連絡取れるのですがそのあとは次第にとれなくなります。業者と女性がグルになるのも特徴の一つです。

展示会などで高額な絵画を契約させられる

婚活パーティー等の出会いの場で知り合ったりSNSから絵画の展示会などに誘われます。展示会で絵を紹介されて人気がある、この絵は高額だと説明をされて後にいくら位払えるかという話になりました。契約するつもりは全然ないのに絵の支払いを一緒に頑張るなど断りきれなくする手法です。契約をした後にクーリングオフなどはしないように念を押されます。

狙われやすい人

若い人が良く被害に合う傾向です。男女両方の方から相談があり20歳になったばかりの人がターゲットになるようです。異性に慣れてなかったり私生活で寂しさを感じる人なども被害に遭いやすい傾向にあります。

解決への道のり

解決への道のりはまず詐欺師の所在にあります。

詐欺師の多くは所在を隠して、ターゲットを夢中にさせています。

まずは所在を見つけることが鍵になってきます。詐欺師を特定して早期に対策をするかが重要です。

第一信用総合調査では、数々の被害者達の笑顔を取り戻してまいりました。

強い信念と確かな実績を持って、デート商法詐欺の全力解決のサポートを致します。

騙されてるかも…と不安な方、過去に騙されてしまったという方は、諦めずに一度ご相談下さい。

ご相談フォーム