ストーカー対策

ストーカー対策

ストーカー被害について

ストーカー対策

・いつも誰かに見られている。

・いたずら電話や無言電話が多い。

・全く身に覚えがないのに、誰かにつきまとわれた。

この手の相談は年々増えてきております。

ストーカー対策には、とにかく被害の証拠が必要です。
一人で解決するのは危険でまた警察に言っただけでは、安心できません。

プロの手でストーカーの不審な行動、確たる証拠を押さえます。

被害が深刻になる前にご相談ください。

ストーカー規正法

ストーカー規正法が施行された事によって、ストーカー行為をされ、警察に相談を行う事により、警察より加害者へストーカー行為を繰り返してはならないと警告をしてくれます。もし、警告を無視した場合には、公安委員会が禁止命令をだし、これに違反し、ストーカー行為を続けると1年以下の懲役、又は、100万円以下の罰金に課せられます。また、ストーカー行為の被害にあっている場合には、相手方を告訴し、警察に検挙を求める事もできます。ストーカー行為への罰則は、6ヶ月以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。

・付きまとい、待ち伏せ、見張り等を行う

・監視している等といったり知り得る状況を言う

・交際を要求する

・無言電話何度もをかける

・乱暴な言動をあびせる

・動物の死体等を送りつける

・名誉を害する事を告げる

・性的羞恥心を害する事を言う等の嫌がらせ行為

解決への道のり

対策として、なるべく早くにストーカーを特定することが必要です。

ストーカーの行動を調査すれば、行動をしっかりと把握でき、ストーカーとの遭遇を避けることが出来ます。

悪質なストーカー行為の場合は、警察と協力してストーカー対策をさらに強化することも考えられます。

ストーカー調査は証拠を押さえて終わりではありません。

長引くとエスカレートして収拾がつかなくなる場合もあり、被害が深刻になる前に解決することが大切です。

ストーカー対策は、証拠収集はもちろん、根本的な解決こそ、私どもの役目であると考えます。

ご相談フォーム