パートナーに対して疑心暗鬼になっていませんか

誰にも内緒にして一人で悩んでも解決しない悩みは相談して楽になりましょう

東京で浮気調査や不倫調査に困った方の相談所

相談することが問題解決のための一番の近道

ご主人に浮気・不倫をされた方

ご主人が浮気をする多くの場合、ちょっとした火遊び程度のささいな浮気から始まり、泥沼の不倫へと発展していきます。
浮気相手として未婚の20代から30代の女性を選ぶケースがほとんどで、浮気相手の女性の特徴として、ご主人を自分のものにしたいという独占欲が芽生えやすい年代でもあるのです。
また、浮気をしているご主人は、まわりが見えなくなっていることが多く、夫婦で努力して貯めた貯蓄を黙って使い込んだり、カード会社や消費者金融に借金をしたりするケースもあり、それがバレて逆ギレしたり、暴力を振るったり、場合によっては家を飛び出し浮気相手と同棲に発展するケースもあります。
こうなると修復は難しく離婚へのカウントダウンが始まってしまいます。

最近の浮気相手との出会いの傾向

1位 社内不倫や過去の同じ勤務先だった。
2位 キャバクラ嬢、水商売の女性など。
3位 サークルや趣味の仲間など。
4位 出会いサイトなどを通じて知り合った。

相手を信じて結婚し、そして裏切られた気分は計り知れないものがあります。場合によっては心療内科に通われる依頼者の方も少なくないくらいで精神的なダメージは相当なものとなります。
浮気は携帯電話を見たりして発覚するケースが多いのですが、携帯電話を見たことによりご主人から『勝手に見るな』と逆ギレされてしまうケースもあり、その後、2人の関係にヒビが入ることもあるので、気になったとしても慎重に探っていかなければなりません。男性が浮気する場合には、奥様側に大きな非が無かったとしても本能的に多くの女性にモテたいという欲求が強く、結婚した後であっても自制の効かない方もいるのが事実です。かといって浮気が許されるものではなく、婚姻関係上では重大な違法行為となります。夫の浮気は主婦の永遠の悩みなのです。
離婚した夫婦の離婚原因でもっとも多いのは異性関係のもつれであり、浮気をした配偶者に愛想をつかして離婚するという方が多く存在するのです。しかし多くの方は、離婚した原因が相手の浮気というのは世間の恥だと考え、離婚経験のある方は離婚時のことを語りません。大喧嘩をして夫婦関係に亀裂が入ったときには既に浮気をやめているケースも多く、当時の証拠がないまま離婚してしまい、離婚した後も悔しさだけが残ることになります。『浮気をしている』と感じた時に調査するのが最も良く、離婚ギリギリになって急いで調査をしても既に遅い場合もあるのです。
また、離婚だけが解決方法ではありませんが、夫婦関係にはいつ亀裂が入るか解らないため、事前にご自身に有利な証拠を集めておくことが大切なのです。
岐阜の探偵社ガルエージェンシー岐阜中央では様々な解決方法やご自分で出来る浮気の証拠収集方法などをアドバイスしております。また、浮気調査の結果を見て離婚する依頼者も多いため、その際には優良な弁護士をご紹介しております。
まずはお気軽にご相談ください。

浮気・不倫調査の流れ

浮気・不倫調査の流れ
業務は、まずご相談者からのお問い合わせから始まります。個人的な問題や、業務上の問題など、個人・法人を問わず調査を承っております。一部の調査会社の中には、著名人の名前を利用した信用獲得、テレビや雑誌などに誇大広告を行い、高額請求をするような探偵社が存在しているようです。
インターネットなどのバーチャルでしか存在しないような会社や、実績や実態のない調査会社、営業面ばかりが目立つ様な所は特に要注意だといえます。お問い合わせをされる場合には、本当に親身になって安心して相談・依頼できる調査会社を探すことが大切です。
当社では、お問い合わせの段階から、ご依頼主様の立場に立ち、安心調査でご依頼主様にご満足いただけるよう努力してま いります。

Webでのお問い合わせはこちら

奥さまに浮気・不倫をされた方

原因は夫との不仲から始まり、心のよりどころを探して身近な男性や、昔付き合っていた男性、最近では出会い系サイト・コミュニティーサイトで知り合った男性と親しくなり、浮気に発展するケースが多いようです。 女性の場合、悩みごとや相談を聞いてくれ、頼れる男性に惹かれてしまい、そのままその男性と肉体関係をもってしまうというケースが多く、ご主人から心が離れてしまうと、ご主人を生理的にも受けつけなくなるのです。そして寝室は別になり、さらに浮気は水面下でエスカレートしていくのです。男性の場合と違って、奥さんと浮気相手の両方へやさしくすることが出来ないケースが多く、家庭内は冷戦状態へ突入していきます。

恋人に浮気・不倫をされた方

婚姻前の浮気では自由恋愛ですから浮気に関しては不法行為にならないのですが結婚後、片方が浮気をし離婚に至った場合に原因が一方の浮気の事実が明らかであれば『精神的苦痛を受けた』という事で慰謝料の請求が出来ます。

浮気・不倫相手のことを知りたい方

ご主人の事が知りたいのではなく浮気相手の素性が知りたいというご相談を良くお受け致します。携帯電話や写真で浮気の事実が確定している場合にお勧めです。

PR

浮気・不倫かな?と思ったら

今まで受けた相談事例

浮気・不倫調査を行うと

浮気・不倫調査費用目安

浮気・不倫についてFAQ(用語集)

PAGE TOP